妊娠を意識したらまずはじめること

結婚後しばらくは仕事を続けて、夫婦2人の時間も大切にして過ごしたいというカップルは多いことでしょう。

そして、そろそろ赤ちゃんがほしいなと思い、妊活を始める時にはじめていただきたいのが、葉酸を摂るということです。

最近は、国でも妊娠の可能性がある女性に対して葉酸を摂ることを推奨しているので、葉酸という栄養素について知っている人も増えているようです。

では、なぜ葉酸が必要であり、具体的にどのように摂って行けばいいのでしょうか。

妊娠初期の受精卵の細胞分裂

精子と卵子が受精し着床。
妊娠成立〜妊娠初期にかけて、お母さんの体の中では〜受精卵、胎児の細胞分裂がとても活発になります。

胎児が成長し、胎盤が作られるこの時期は葉酸が普通の時期に比べて約2倍も消費されてしまうと言われています。

もしも妊娠初期に葉酸が足りない場合、細胞分裂などがうまく進まなくなり、先天性異常のリスクが高まってしまう危険性もあるのです。

それほど大切な葉酸という栄養素ですから、妊娠してからではなく、できるだけ妊娠する前から積極的に摂っておく必要があるのです。

葉酸は普段私たちが口にしている食べ物に含まれています。

特に葉酸を多く含む食べ物として、枝豆やほうれんそう、アスパラガス、またブロッコリーやサラダ菜などの緑の野菜の他、納豆や甘栗、焼き海苔などがあります。

普通の生活を送っていく場合は、これらの食べ物をバランスよく食事に取り入れることで、葉酸は必要な分だけ摂ることができます。

ですが、妊婦は葉酸の消費がとても大きいため、更に意識して葉酸を摂る必要が出てきます。

葉酸は食品に含まれていますが、妊婦が十分に足りるほどの量の葉酸を普段の食事から摂ろうと思うととても大変です。

ただでさえつわりや体調の変化で精神的に不安定な時期に、いちいち栄養素のことを細かく考えて食事を作るのは、ストレスの原因にもなりかねません。

そんな時に便利なのが、葉酸サプリです。

インターネットや雑誌でもよく見かけるように、葉酸サプリというものが数多く売られていて、厚生労働省でも葉酸サプリの摂取は推奨されているほどです。

この葉酸サプリを、できれば妊娠前から飲んでおくようにしましょう。

葉酸が最も必要となる妊娠1カ月前から妊娠3カ月はいちばん葉酸が必要になります。

そして妊娠中も決められた量をきちんと飲むことをおすすめします。

厚生労働省から必要な葉酸の量が発表されていますので、それを参考にして葉酸サプリの量を調節するようにしましょう。
もちろん、サプリにだけ頼るのではなく、普段の食生活にも気を配るようにすることが大切です。

続きを読む

基礎体温と排卵検査薬を使ったタイミング法

結婚後もがんばって仕事を続けてきた女性が、そろそろ赤ちゃんがほしいと妊活を始めるというのは最近では多いケースです。

では、赤ちゃんがほしいと思えばすぐ思い通りに赤ちゃんができるのでしょうか?
もちろんそれはカップルにより様々です。

望んだ時にすぐに妊娠する女性もいれば、いつまでたってもなかなか妊娠できない女性もいます。
妊娠・出産はできるだけ若いうちにした方がリスクが低いものです。

できれば赤ちゃんがほしいと思った時にすぐに妊娠できるよう、普段から体調を整え、妊娠しやすい体質にしておきたいものです。

基礎体温

妊活を始めるとまずは基礎体温を測り始める女性は多いことでしょう。
ご存知の通り、基礎体温は女性の排卵日を知るためのいちばん身近な方法です。

朝いちばんの体温を専用の体温計で測り、毎日記録することで自分の排卵日がいつなのか、いつ旦那さんと性交渉をすれば赤ちゃんができやすいのかが見えてきます。

基礎体温によって妊娠しやすくする方法をタイミング法と呼んでいて、妊活のいちばん最初に実践する人が多い方法です。

排卵検査薬

基礎体温を測る方法に対して、排卵検査薬というものを使うタイミング法もあります。

排卵検査薬は尿に含まれる黄体ホルモンの濃度から排卵を表示するしくみになっています。
排卵日と思われる数日前から使うのが理想的です。

毎日基礎体温を測るよりも手軽ですが、排卵検査薬だけを参考にするのではなく、基礎体温の測定と併用して排卵日を予測することを推奨する意見もあります。

タイミング法の妊娠確率

タイミング法によって妊娠できる確率は一般的に、半年から1年ほどと言われています。

この期間タイミング法を続けていても妊娠の兆候を見ない場合、不妊症などの症状が無いかどうか、一度婦人科で検査をすることをおすすめします。

もちろんすべてのカップルが1年以内にタイミング法で妊娠しないからといって不妊であるとは限りません。

その時その時の体調にも寄りますし、とても個人差が大きいので、あまり悲観的にならないようにしましょう。
ただ、女性が35歳を過ぎている場合は次第に卵子の働きが鈍っていくため、早めに婦人科に相談することをおすすめします。

もうひとつ、妊活を始めようと思った時にぜひ実行しておきたいことがあります。

それは葉酸をたくさん摂ることです。葉酸は妊娠1カ月前から妊娠3カ月頃までの間、赤ちゃんが大きくなる時に必要な大切な栄養素です。
食生活を整えるとともに、葉酸サプリで必要な量の葉酸を補うようにしましょう。

続きを読む

妊娠前にやっておくべきこと

最近は初産年齢がどんどん上がっています。

厚生労働省のデータによると、1950年には24.4才だった初産年齢が今では30才を超えているそうです。

女性が男性並みに仕事に励むようになり、晩婚化の傾向にあることも初産年齢が上がっている原因の一つと言われています。

30才を過ぎても問題なく元気な赤ちゃんを産んでいる女性はたくさんいますが、年齢が上がるほど様々なリスクも増えてしまいます。
では、赤ちゃんがほしいと思った時に、リスクを低くするためにも妊娠前にやっておくべきこととは何でしょうか。

まず、体調や生活習慣を改めて健康な状態で妊娠に備えるようにしましょう。
もちろん、これは初産年齢が30代の女性に限らず20代の女性にもあてはまることです。

風疹のワクチン接種

最近ニュースなどでよく耳にするのが、女性の風疹についてです。

妊娠初期に風疹にかかるとお腹の中の赤ちゃんに障害が出てしまう可能性があるので注意が必要です。

風疹にはワクチンがあるのでワクチンを接種しておくことで、防ぐことができます。
ワクチンの接種が不十分な年代の人もいるので、心配な場合は医療機関で風疹抗体検査を受け、予防接種を受けるようにしておきましょう。

虫歯を治しておく

妊娠・出産をするとどうしても自分のために時間を割くことが難しくなってきます。
そのため妊娠前に歯医者に行き、虫歯の治療などを済ませておくことをおすすめします。

特に、妊娠中は飲んではいけない痛みどめの薬などもあります。突然の歯の痛みに襲われることの無い様、デンタルケアをしておきましょう。

食生活のみなおし

そしてやはり大切なのは、食生活を見直すことです。

特に、結婚後も仕事を続けてきた女性は仕事と家事の両立で毎日が忙しく、外食やコンビニ弁当などを食べることが多い生活になってしまいがちです。

ついつい野菜不足になったりと栄養面も偏りがちになると、肥満になったりホルモンバランスが崩れたりして、妊娠しにくい身体になってしまうことがあります。

月経のサイクルが正常でも、体調によってはなかなか妊娠できないこともあるので、正しい食生活を送って体調を整えて妊娠に備えましょう。

食生活の中で意識して摂取するように国からも進められている栄養素が、葉酸です。

葉酸は赤ちゃんの成長に欠かせない重要な栄養素で、特に妊娠1カ月前から妊娠3カ月までは普段の2倍の量が消費されると言われています。

妊娠してから葉酸を摂るのではなく、妊娠を考え始めたらできるだけ早く葉酸を摂るようにしましょう。
最近は葉酸サプリなども出ているので、食事だけでは摂りきれない分は葉酸サプリで補うようにしましょう。

続きを読む

妊娠できると評判のジンクスまとめ

赤ちゃんがなかなかできずに悩んでいる人や妊活に励んでいる人は、赤ちゃんができることだったら、なんでもしてみたいと思うものです。

昔から赤ちゃんができやすいジンクスというものもたくさんあり、信じる人もたくさんいます。

赤ちゃんが出来ると信じられているジンクスと、その人気の秘密とは何でしょうか。

妊娠菌

よく言われているジンクスに「妊娠菌」をもらうというものがあります。

妊娠中の人と会ったりお腹を触らせてもらったりすると妊娠パワーをもらえると言われているのです。

最近は、妊娠中の人が書いたブログなどを読んで「妊娠菌もらっていきます!」とコメントを書き込む人もたくさんいます。
お友達に妊娠中の人がいたら妊娠菌をもらってみてはいかがでしょうか。

赤い色のもの

妊娠しやすいジンクスには赤い色がしばしば登場します。

たとえば、ザクロをたべると妊娠しやすいというジンクスがあります。
ザクロは赤い小さな実をたくさん付けるフルーツです。ザ

クロにはエストロゲンという女性ホルモンに近い成分が含まれているので、単なるジンクスだけではなく科学的な根拠もあるのかもしれません。

桃を食べると良いと言う話もあります。
また、赤い下着を身に着ける、ピンク色のものを部屋に置くなどというジンクスもあります。

備長炭をお風呂に入れる

これはジンクスというよりも科学的に効果がある意味合いに近いのかもしれませんが、お風呂に備長炭を入れると妊娠しやすくなるという話もあります。

備長炭をお風呂に入れるとお湯がアルカリ性になります。子宝に恵まれるという全国の温泉の泉質はアルカリ性のものが多いことから効果が謳われているのでしょう。

パワースポット編

昔から変わらず信じられているのは、やはり神頼みかもしれません。
最近ではパワースポットと呼ばれる場所も全国にたくさんあり、妊娠したい女性が足を運んでいると言われています。

安産の神様として有名な東京の水天宮は、子授けの神社としても知られています。
日枝神社の境内には赤ちゃんを抱いた母猿の像があり、子授けのご利益があると言われています。また、千葉県の菅原大神は別名を子宝神社と言うほど有名です。

これらのジンクスを信じたり神頼みをすることで必ず妊娠できるという保証はありませんが、なかなか赤ちゃんができないとイライラしたりストレスがたまったりしてしまうことで、かえって赤ちゃんができにくくなっている場合などは一度試してみるのもいいかもしれません。

信じることで心が落ち着けば体調も良くなり、妊娠へと一歩近づけることも期待できます。心穏やかに、前向きな気持ちで妊活をしましょう。

続きを読む

妊娠がわかった時のこと

私は結婚したのが26才とわりと早かったので、赤ちゃんはすぐにできなくてもいいかなと思い、しばらくは仕事に専念していました。

そろそろ30才になるという頃になって夫婦で赤ちゃんがほしいねという話になり、妊活を始めました。

ところがほしいと思った時にすぐに妊娠するものではないんですね。

一応、基礎体温を測ったり妊娠しやすいと言われる食べ物を食べたり、いろいろがんばっていたのですが、半年ぐらいはなんの兆候もありませんでした。

一度婦人科に行って検査を受けた方がいいのかな…と思い始めた頃、なんとなく毎日眠くて眠くて仕方がない状態が続きました。

前の夜に早目に寝ても午前中から眠くなってしまう始末で、1日中なんとなくぼんやり過ごす日が続きました。

この時はまさか自分が妊娠しているとは思わずに、疲れがたまったのかなぐらいにしか思っていなかったんです。

そのうちに今度はだるさも出てきてしまって、体調が悪いなと感じた時にピンと来たんです。

もしかして、これって妊娠したっていうこと?

ずっと妊娠しなかったので、基礎体温も真剣に見直すことなく寝ぼけた状態でつけていたし、もともと生理不順気味だったので生理が来ないことにも違和感を感じなかったんですよね。

夫に妊娠したかもしれないことを伝える前に、まずは妊娠検査薬を買ってきて自分1人で調べてみました。

すると見事にくっきり陽性反応が出たんです。
うれしくてその場ですぐに夫にメールしちゃいました。そのあと産婦人科に行ってきちんと検査をしてもらい、妊娠が確定しました。

よく、急に吐き気がして妊娠に気づくというシーンをドラマなどで見かけますが、私の場合はつわりが来たのは妊娠が判明してから10日ほどたってからでした。

最初のうちはとにかく眠くてたまらないのと、熱が出た時のようにだるかった症状が続いていました。
もしも妊活中じゃなかったら、風邪でもひいたかなと思って妊娠の兆候を見逃していたかもしれません。

私の場合つわりが辛いのと、体のだるさがあったので、毎日ゴロゴロして過ごしていました。

赤ちゃんができてのはうれしくても、身体の不調が辛かったことを覚えています。
仕事は子供ができたら辞めようと思っていたので、少し予定より早かったものの無理をしてもよくないと思い、辞めることを決意しました。

朝早く仕事に行く前に洗濯物を干したり、休みの日に掃除機をかけてくれたりと、夫がずいぶん協力してくれたので本当に助かりました。
つわりがひどい時はあまり食事をすることができませんでしたが、ずっと続けてきた葉酸サプリだけは赤ちゃんのために飲み続けました。

続きを読む

妊娠から出産までのふりかえり

待望の赤ちゃんができた喜びはあるものの、私はつわりが重かったので妊娠初期は辛い気持ちで過ごしていました。

何か食べると吐いてしまうし、お腹がすいてくるとムカムカしてくるし、どうしたらいいのか分からない状態で毎日過ごしていたことを思い出します。

とにかく、妊娠前から飲んでいた葉酸サプリだけはきちんと飲み続けないとと思い、気分が悪い日も葉酸サプリを飲むようにしていました。

固形物はなかなか食べる気になれませんでしたが、ドリンク類はよく飲んでいました。

妊娠中に飲むと便秘解消や栄養補給に効果があるというドリンクを通販で取り寄せて、毎日飲むようにしていました。

妊娠5カ月に入る頃にはつわりもだいぶ軽くなり、ようやく赤ちゃんができた喜びにひたることができるようになりました。
少しずつ赤ちゃんの物を用意したり、部屋を片付けたりと、安定期にも入ったので出産前にやっておきたいことをして過ごしました。

妊娠したら誰もが口をそろえて「バランスの取れた食事を」と言いますが、もともとズボラな私はあまり栄養バランスのことは考えずに普段通りの食生活でした。ただ、葉酸サプリと、例の栄養バランスを考えたジュースだけは続けるようにしていました。

妊娠8カ月頃だったでしょうか、お腹の中の赤ちゃんが逆子だということが判明しました。

かかりつけの先生に「産み月までに頭が下がることも多いから」と言われ、逆子を治すための体操などを教えてもらいました。

それからというもの、毎日のようにうつぶせになってお尻を高く上げる逆子体操に励みましたが、結局は産み月が近づいても逆子は治らず、帝王切開をすることに決まりました。

帝王切開をするということで、あらかじめ手術をする日が決められました。

「そうか。普通は生まれてから誕生日が決まるのに、うちの子は生まれる前から誕生日が決まってるんだ」と、なんとなく不思議な気持ちになったものです。

当日は手術時間に合わせて点滴を始め、いよいよ手術室へ。

話に聞いてはいましたが、帝王切開の場合全身麻酔ではないので、意識はしっかりあります。
そのことがかえって怖かったですね。

先生にお腹をポンポンとたたかれて「何か感じますか?」と聞かれ「いいえ」と答えると、あっさり手術が始まりました。

器具がかちゃかちゃ鳴る音が聞こえ、しばらくすると身体をガクガクとゆすられるような感じがし、直後に赤ちゃんの泣き声が聞こえて「生まれましたよ」と言われました。

そんなわけで私は陣痛の経験はありませんが、お腹を切ったので麻酔が切れた後の痛みはかなり辛かったですね。
赤ちゃんが泣くたびに痛みをこらえて授乳したのは今ではいい思い出です。

続きを読む